交通事故に遭ってしまったとき、事故当時は無事でいても後になって痛みや障害が出てくるのが、後遺症。最も多いのが「むち打ち症」で、ぶつかったショックにより首の骨や筋肉、靱帯などがずれたり損傷したりします。これにより様々な症状が現れ、ひどいときは長期間痛みや違和感に悩まされることも。こんなとき、自分だけで判断せず、まずは病院で診察を受け、診断結果をもとに整骨院での施術がお勧めです。ここでは交通事故後遺症治療についてご紹介していきます。

交通事故直後の対処法

どんな小さな事故でも身体には相当の衝撃が加わっています。交通事故にあった直後は、どこに痛みを感じるのか、出血はあるかなど、全身のチェックを行ないます。出血していたら、すぐに止血の処置を行ない、痛みがある場合は骨折や脱臼の可能性もあるので腫れや内出血の有無を確認。痛みがある部分はできる限り動かさないように注意します。

まずは整形外科で受診

交通事故による外傷は、主に打ち身・捻挫・骨折・頭部外傷などがあり、体にいろいろな歪みを引き起こします。ここで重要となるのが初期の安静で、後遺症を左右するとも言われます。事故直後は、脳振とうの症状として、短時間の意識障害を起こすことがあり、また重症の場合は脊髄の周りの腫れや内出血により手足が麻痺したり失禁したりすることも。進行の状況によっては手術も考えられますので、整形外科に通院することがほとんどです。しかし、痛みがとれないなど治療の効果が芳しくない場合、医師と相談の上、整骨院への通院を検討するという例も見られます。

整骨院へ通院する際に気を付けること

整形外科から整骨院への施術を検討する際には、医師に同意書を書いてもらうことが重要です。また、交通事故の後遺症治療の場合、保険会社との示談交渉で整骨院の施術費や慰謝料請求が争点になるケースもあり、さらには後遺症障害認定等級にも影響する可能性もあります。最終的な症状の診断をくだすのは医師であるため、整形外科での診察時には、医師に自分の具体的な症状を積極的に伝えるとともに、常に良好なコミュニケーションを心がけておくことが求められます。

治療費・治療期間の目安

交通事故が原因の痛み(むち打ち症、腰痛、手足の障害、痛み、だるさ、不快感等)の治療の場合は、自賠責保険により治療費が出るため、患者が治療費や診断書料を負担することはありません。また、平均的な治療期間はケガの程度や事故の種類によっても異なりますが3ヵ月~6ヵ月と言われます。しかし、症状が軽減したからと言って、治癒したとも言えません。治療が中途半端であったため、後々後遺症が残るということも考えられますので、信頼のおける整形外科での経過観察も必要です。