スマホの普及、長時間のデスクワーク、こうした日常生活から、手首を痛める方が急増しています。「スマホを操作していたら手首が痛くなってきた」となったら、腱鞘炎のサインかもしれません。腱鞘炎は放っておくと、手のしびれや関節を変形させる恐れがあります。悪化させないためには、整骨院などでの早めの治療がおすすめです。今回、腱鞘炎を悪化させないために、腱鞘炎を見極める方法と改善方法について解説します。

腱鞘炎とは

腱鞘炎とは、指の「腱」をおおう「腱鞘」に起こる炎症のことをいいます。腱鞘炎は進行すると「ばね指」と呼ばれる症状が出ることもあり、悪化させないように注意しなければなりません。腱とは、筋肉と骨を繋いでいる結合組織のことです。筋肉の動きを関節に伝え、腱鞘がバンド状になって腱を支えています。

人間は手の指を動かす際、必ず腱と腱鞘を使用しています。通常であれば腱はスムーズに稼動し、痛みを伴うことはありません。しかし、パソコンのキーボードを打つような早い動きを続けていますと、腱と腱鞘は何度もこすれ合います。その結果、腱と腱鞘が炎症を起こし、スムーズな動きができずに痛みが生じる「腱鞘炎」となるのです。一昔前は、腱鞘炎は「職業病」といわれてきました。しかし近年では、ビジネスマンや主婦、若者もスマートフォンやパソコンを触る機会が増え、腱鞘炎になりやすくなっています。

腱鞘炎の種類

腱鞘炎には実は、手首・ひじ・指の三ケ所で起こります。手首のみを腱鞘炎として扱われることが多いですが、指やひじにも腱鞘炎は起こるのです。

・ばね指

指の腱鞘炎は、「ばね指」とも呼ばれ、主に指の痛み、しびれ、こわばるといった症状が現れます。腱鞘炎が悪化すると起こる症状で、指が跳ねるような動きをします。腱鞘が厚くなったり硬くなったりしますと、腱の通り道が狭くなって上手に動きません。そのまま動かし続けますと、腱が腫れて腱鞘にひっかかり、指の曲げのばしが難しくなるのです。

・ドケルバン病

手首の親指側に起こる腱鞘炎を「ドケルバン病」といいます。手首が腫れることで起こり、痛みを引き起こします。親指を広げたり反らしたり、動かすと強い痛みを感じたら、ドケルバン病である可能性があります。

・テニス肘

上腕骨外側上顆炎のことをテニス肘といいます。物をつかんで持ち上げたときや、ドアを回す、タオルを絞るなどの動作を行ったとき、激しい痛みを感じる症状です。テニスプレイヤーに多く見られる症状で、じっとしているときは痛みません。一度テニス肘になると、頻繁に使用する部位だからこそ治りにくく、症状が進行しやすいといわれています。

腱鞘炎の改善方法

改善する最も大切なポイントは、とにかく安静にすることです。外側にできるケガと同様に、内側がケガをしている状態なので、動かさないようにします。しかし、毎日仕事でパソコンを使う方やビジネスマン、学生にとって安静にするのは難しいことです。

そこで、効果があるといわれている「タンパク質」の摂取をおすすめします。大豆食品に含まれている「イソフラボン」を摂取することで、豊富で良質なタンパク質を取り込むことができます。例えば納豆、豆腐、豆乳といった比較的入手しやすい食品で構いません。

また、極力安静にするために、テーピングを巻いて固定することも大切です。一刻も早く治したいと考えている方は、整骨院でのケアをすることをおすすめします。整骨院では腱鞘炎のケアを行い、早い段階で腱鞘炎を改善させることができます。

 

近年は腱鞘炎になりやすいと言われており、手首や肘、指の痛みで日常生活が苦痛になっている方も多いのです。腱鞘炎は悪化することで、さまざまな種類の腱鞘炎を引き起こしてしまいます。悪化すればするほど、治りづらく、腱と腱鞘の炎症を治すのに時間がかかります。いち早く腱鞘炎を治し、通常の生活に戻りたいのであれば、整骨院などで早期治療を受けることをおすすめします!