日常生活でよく頭痛に悩まされている方は多くいます。
頭痛の種類には様々あり、日常的に起こるもの、専門医にすぐに診てもらう方がよいものなどがあります。
今回は様々な頭痛の種類をご紹介していきます。

慢性頭痛(一次性頭痛)

慢性頭痛は頭痛もちと言われている方のほとんどがこの頭痛で、病気などの原因があるわけではなく生じる頭痛です。
この頭痛には3種類あります。

緊張型頭痛

日常生活のストレスや長時間同じ姿勢でいることが原因で生じる頭痛です。
首や肩の筋肉が緊張して血行が悪くなってしまうことで、後頭部あたりに鈍い痛みを感じます。

偏頭痛

緊張型頭痛の次に生じやすく、20〜40代の女性の方に多くみられます。はっきりと原因が特定されておらず、頭蓋骨内の血管が拡張して炎症を起こすのが原因なのではないかといわれています。
また、比較的にこの頭痛は女性に多いため、女性ホルモンが関係しているのではないかといわれています。

群発頭痛

男性の方に起こることが多いといわれる頭痛で、目の奥がえぐられるような痛みがあります。
目の後ろ側の動脈が拡張し、炎症が起きることが原因で頭痛が生じているのではないかといわれています。
この頭痛は、自身での対処が難しいので、早めに専門医に診てもらうようにしましょう。

二次性頭痛

脳出血やクモ膜下出血などの病気が原因で生じる頭痛です。
急に激しい頭痛が生じることが多くあり、命に関わる頭痛です。
いつもと違う、激しい頭痛が出た時はすぐに専門医に診てもらうようにしましょう。

整体で頭痛解消することができる?

全ての頭痛に効果があるわけではなく、整体で効果があるといわれている頭痛は、日常生活で起こりやすい緊張型頭痛です。

緊張型頭痛は、日常生活のストレスや首、肩の筋肉の緊張で血行が悪くなることで生じます。
整体では、この首、肩の筋肉の緊張の原因を改善します。
主に筋肉の柔軟性や悪い姿勢を改善し、全身の血流を良くしていくことでこの頭痛を改善していきます。